事業内容

WDBグループでは「プラットフォーム事業」「人材サービス事業」「CRO事業」「その他事業」の4つの事業を展開し、国内に8社、海外に2社の計10社の子会社があります。

プラットフォーム事業

業界の常識、当然をひっくり返す。
DX時代に飛躍する糧を創る。

プラットフォーム事業

いつでもどこでもスマートフォンがあれば、あらゆる情報とつながることができる世界で、必要な人に最適なサービスを、最適な方法で届けたい。そんな想いから、プラットフォーム事業は立ち上がりました。

WDBグループ全体の独自プラットフォームの立ち上げ・運営・管理を行います。
「こんなに当たり前のサービスが、なぜ今までなかったのだろう」そう思われるサービスを目指し、テクノロジーを駆使して、WDBグループ全体が飛躍できる基盤を創り続けます。

人材サービス事業

理学系研究職派遣の先駆けとして、トップを走り続ける。

人材サービス事業

理学系研究職派遣で働く3人に1人がWDBグループから就業し、大手企業や有名研究機関をはじめ、約1,600の民間企業・大学・公的研究機関とお取引きがあります。

お客様・派遣スタッフのことを一番に考え、人材サービスの当たり前にとらわれず「登録者の適性保証」「就業後のフォロー」「教育研修」において他社にはない独自の仕組みを運用しています。さらにネゾット株式会社が開発した新たなプラットフォーム「doconico(ドコニコ)」を導入し、人材サービスの利便性の向上を目指しています。

人材を紹介することがゴールではなく、就業開始から契約終了まで責任を持つこと、それがWDBグループが考える人材サービス事業です。

CRO事業

業界の常識を超え、真に求めるサービスを追求する。

CRO事業

CROは「医薬品開発業務受託機関」の略称です。
医薬品が開発から新たに販売されるまでには、たくさんの試験・承認が必要で、医薬品メーカーが独自で行うと、多大な労力がかかります。そこでCROは、医薬品の開発・試験等を医薬品メーカーから受託し、医薬品の開発のサポートを行います。
CRO業界では、受託費用は高額であることが当たり前でした。WDBグループは、その当たり前に疑問を抱き、人材サービスで培ったノウハウ・持ち前のチャレンジ精神で「高品質・低価格」のサービスを提供しています。
アメリカやフィンランドにも拠点があり、グローバルな事業展開、さらに今後はCROにもプラットフォームを導入していきます。お客様と共に課題を解決するパートナーとして、CRO業界の常識を超え、これからも医薬品の未来に貢献していきます。

その他事業

WDBグループの後ろ盾となり、事業を後押しする。

その他事業

その他事業には、WDBグループが持つ全国の企業・研究者とのネットワークを活かしたM&A・事業再生支援を行う会社と、障がい者雇用の促進を行う会社の2社があります。両社とも、他のWDBグループ各社が提供するサービス・生み出す価値を、後方からサポートし、WDBグループ全体の成長を後押ししています。