コーポレートガバナンスCorporate Governance

コーポレートガバナンスに関する基本方針

当社グループのコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方は、高度な情報力と専門性をもった集団として、戦略的な意思決定を行い、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築し、グループ各社の経営管理を強化するとともに、企業として継続的な発展を図り、株主をはじめ社外に対して迅速で正確な情報発信を行うことにより、社会から信頼される会社となることであります。
これを確実に実行するため、WDBグループ規程(WDB Man's Standard)を制定し、この規程において内部統制、リスク管理、コンプライアンス等について、全社員が守るべきルールを明文化し、社員教育を行っております。
また、監査体制の充実を図り、コーポレートガバナンスの強化を経営上の重要な課題の一つと認識しており、経営の透明性と情報管理体制の強化および法令遵守の徹底等を推進しております。

社外取締役

当社グループのコーポレートガバナンスの有効性を高めるため独立性の高い社外取締役2名および社外取締役(監査等委員である取締役)2名を選任し、専門的かつ客観的に取締役会の業務執行に関する監視機能を強化しております。

内部監査および監査役監査

代表取締役社長の直轄部署として、業務部門から独立した内部監査室を設置しております。代表取締役社長にて承認された内部監査計画に基づき、当社の各部門およびグループ会社すべてを対象として、適法性、効率性などについて内部監査を行っております。監査による改善指摘事項については改善実施結果までをフォローアップし、業務の適正な実行を確保しております。またこれらの監査結果は、代表取締役社長および監査等委員会に報告され、監査等委員とも適宜連携を行っております。

内部統制委員会

適正な財務報告を確保するため、評価および報告制度に関する方針規定および基本方針書を定め、適切な運用を図るとともに重大な誤りが発生することを防止するため、内部統制委員会を設置するとともに、内部監査室による内部統制手続の評価を行っております。また、会計監査人とも随時連携し当社の財務報告に関わる内部統制の有効性を確保しております。

コンプライアンス・リスク管理委員会

コンプライアンス

当社グループでは「コンプライアンス」を、法令遵守はもちろん、道徳や倫理に基づいた行動を浸透させることと捉えております。そして、その活動の軸となる社内体制として、コンプライアンス・リスク管理委員会を設置すると共に、WDB Man's Standardにおいて、WDBグループ行動規範およびコンプライアンスマニュアルを制定し、法令遵守に留まらず、 WDBグループ社員としてとるべき、倫理的に正しい行動の基準や当社グループを取り巻く全てのステークホルダーとの関係を規定し、企業活動に関わるさまざまな分野を網羅しております。
また、社員に対する定期的なコンプライアンス教育はもとより、取引先企業への啓蒙活動としてコンプライアンスセミナーの開催を行っております。

リスク管理

当社グループは、リスク管理については「リスク管理規程」に則り、企業の社会的責任を果たし、社会的信頼を確保するため、リスクの発生および発生したリスクの対応等に係わる管理体制を構築しております。

内部通報制度

WDBグループの社員が、法令、WDB Man's Standardをはじめとする社内ルールに違反する行為もしくは違反する恐れがある行為を見つけた場合には、それを通報する窓口(セーフライン)を設置しております。

個人情報の保護

当社グループは、ステークホルダーの皆様からお預かりした個人情報の安全管理を厳守することが重要な社会的責任であると認識し、プライバシー保護を企業活動における最優先事項のひとつとして位置づけています。
また、これを確実に実践していくために、個人情報保護方針を定め、当社の役員及び社員はこの方針に従い、個人情報の適正な取り扱い、管理、維持に努めております。
特に、数万人の個人情報を管理しているWDB株式会社では、人材事業における派遣・スタッフや転職登録者からの信頼の向上のため、 個人情報保護関連規定をはじめとするコンプライアンスプログラムを作成・運用し「プライバシーマーク」の認定を取得しております。

反社会的勢力の排除

当社グループは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、不当要求に対しては断固として社会的正義を貫きます。対応マニュアル等を整備するとともに、対応部署を経営管理本部に設置し、反社会的勢力対応責任者を選任しております。