Dividends / Shareholder return

配当金・株主還元

配当金について

当社は、配当を行うにあたり、配当性向(40%)を重視しておりますが、一方で配当額をより重視しております。
利益が低下していけば、同じ金額の配当を続けていても、配当性向は高まっていきますが、それでは株主の皆様への還元を高められているとは言えません。
増益を続けることにより増配を継続し、それによって株式市場からの評価を高め、時価総額を向上させてこそ、還元を高められていると考えております。
2023年3月期以降は、派遣スタッフの待遇改善のために、大幅な報酬アップに取り組んだことで減益となっているものの、この考えのもとで増配を行ってまいりました。

2025年3月期は、過去2年と比べて、さらに大幅な派遣スタッフの報酬アップを実施し、大きな減益となるために、やむなく減配という選択をいたしましたが、これは将来に向けた投資であると考えております。2029年3月期までの中長期経営計画を実現し、増収増益と増配を再び行えるよう努力してまいります。

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。
2025年3月期
計画
2024年3月期
計画
2023年3月期
実績
2022年3月期
実績
2021年3月期
実績
2020年3月期
実績
親会社に帰属する
当期純利益(億円)
29.7 35.5 35.4 41.7 34.1 31.1
親会社に帰属する
当期純利益率(%)
5.7 7.0 7.4 8.9 7.7 7.2
配当総額(億円) 11.9 14.2 10.1 9.8 7.4 5.5
配当性向(%) 40.0 40.1 28.7 23.4 21.8 17.5
1株当たり配当額(円) 60.5 72.5 51.5 49.5 37.5 27.5
対前期増配額(円) △ 12.0 21.0 2.0 12.0 10.0 5.0
対前期増配率(%) △ 16.6 40.8 4.0 32.0 36.4 22.2

親会社株主に帰属する当期純利益

配当総額

配当性向

※ *:計画

1株当たり配当額

配当性向

※ *:計画